事務所について お知らせ

南青山M's法律会計事務所

スタッフについて - 弁護士紹介

弁護士・公認会計士 眞鍋淳也(東京弁護士会・日本公認会計士協会所属)

眞鍋弁護士

代表

経歴

  • 1973年 愛媛県生まれ。
  • 1991年 愛媛県立新居浜西高校卒業。
  • 1995年 一橋大学経済学部卒業。
  • 2006年 成蹊大学法科大学院にて法務博士号を取得。
  • 1995年 監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)に入社し、上場会社の監査、M&A等に携わる。その後、会計事務所、法律事務所勤務を経て、2009年に南青山M's法律会計事務所を設立。 弁護士資格のみならず、公認会計士資格も有しており、身近な法律問題はもちろん、税務問題、会計問題、それらが絡み合う複雑な問題についても冷静に問題を分析し、依頼者にとって最も利益となり問題の解決方法を提案、実践している。

資格

  • 弁護士登録(東京弁護士会所属)
  • 公認会計士登録(日本公認会計士協会所属)
  • 通知税理士登録
    (札幌国税局、仙台国税局、関東信越国税局、東京国税局、金沢国税局、名古屋国税局、大阪国税局、広島国税局、高松国税局、福岡国税局、熊本国税局、沖縄国税事務所宛て通知済)
  • 政治資金監査人登録
  • 海事保佐人登録
  • 一級船舶操縦士登録
  • 日本プロ野球選手会公認代理人登録

重点取扱案件

    相続、不動産問題、M&A、事業承継、会社再生、脱税、税務調査対応など

メディア掲載

  • ・放送局:フジテレビ 番組名:「みんなのニュース」
       (生放送) 2015年6月24日
       ※ニュース解説コーナー「疑問ふかぼり」
        101万人年金情報流出 補償されないの?
        に補償請求の賢人として出演
  • ・新聞名:読売新聞 頁:くらし 2015年6月7日
     記事:日曜の朝に 「争族」わが家は大丈夫か
      「ドロ沼相続の出口」(幻冬舎)の著者としてコメント
  • ・新聞名:読売新聞 頁:くらし 2015年9月26日
     記事:相続の今 相続人なく国庫に入る遺産
      「ドロ沼相続の出口」(幻冬舎)の著者としてコメント
  • ・サンデー毎日 2017年3月26日
     「老後破綻するお金のトラブル」
      預貯金使い込みについての取材記事
 

弁護士 中村春樹(東京弁護士会所属)

中村弁護士

学歴

  • 平成9年新潟県立高田高等学校卒業
  • 平成13年慶応義塾大学 商学部卒業
  • 平成20年慶応義塾大学法務研究科修了

資格

  • 平成20年司法試験合格
  • 平成20~21年最高裁判所司法研修所
  • 平成22年弁護士登録
 

弁護士 奥雄平(東京弁護士会所属)

奥弁護士

学歴

  • 平成15年3月私立清風南海高校卒業
  • 平成20年3月京都大学法学部卒業
  • 平成22年3月京都大学法科大学院修了
  • 平成24年12月最高裁判所司法研修所修了
  • 平成24年12月弁護士登録
  • 平成24年12月~国内法律会計事務所勤務
  • 平成26年1月南青山M’s法律会計事務所入所
 

弁護士 柴﨑拓己(東京弁護士会所属)

柴﨑弁護士

上野支店

学歴

  • 平成18年3月立教新座高等学校卒業
  • 平成22年3月立教大学法学部卒業
  • 平成25年3月中央大学法科大学院修了
  • 職歴

  • 平成27年12月最高裁判所司法研修所修了
  • 平成27年12月弁護士登録
  • 平成28年1月都内法律事務所勤務
  • 平成30年5月南青山M’s法律会計事務所入所
 

弁護士 芦澤亮(東京弁護士会所属)

芦澤弁護士

立川支店

学歴

  • 平成18年3月山梨県立甲府西高等学校卒業
  • 平成22年3月山梨学院大学法学部卒業
  • 平成26年3月学習院大学法科大学院修了
  • 職歴

  • 令和元年12月最高裁判所司法研修所修了
  • 令和元年12月弁護士登録
  • 令和元年12月南青山M’s法律会計事務所入所
 

弁護士 小野寺和哉(東京弁護士会所属)

小野寺弁護士

学歴

  • 平成17年3月宮城県気仙沼高等学校普通科理数卒業
  • 平成22年3月成蹊大学法学部卒業
  • 平成25年3月成蹊大学法科大学院修了
  • 職歴

  • 令和4年4月最高裁判所司法研修所修了
  • 令和4年4月弁護士登録
  • 令和4年4月南青山M’s法律会計事務所入所
 

弁護士 平松慧真(東京弁護士会所属)

平松弁護士

学歴

  • 平成22年3月立教新座高等学校卒業
  • 平成26年3月立教大学法学部卒業
  • 平成29年3月早稲田大学大学院法務研究科卒業
  • 職歴

  • 令和4年12月最高裁判所司法研修所修了
  • 令和4年12月弁護士登録
  • 令和5年1月都内法律事務所勤務
  • 令和5年9月南青山M’s法律会計事務所入所

その他

    都内寺院副住職
 

弁護士 當舍裕(東京弁護士会所属)

當舍弁護士

学歴

  • 平成9年3月私立武蔵高校卒業
  • 平成14年9月早稲田大学商学部卒業
  • 平成26年3月中央大学法科大学院修了
  • 職歴

  • 平成24年3月宅地建物取引業 開業
  • 令和2年8月宅地建物取引業 法人成り
  • 令和5年12月最高裁判所司法研修所修了
  • 令和5年12月弁護士登録
  • 令和6年1月南青山M’s法律会計事務所入所

その他

    宅地建物取引士
    賃貸住宅管理業業務管理者講習 受講済み
    第二種電気工事士
    一級建築士と緊密に連携
    (上記宅建業法人に一級建築士が在籍)
 

弁護士 及川桂蔵(東京弁護士会所属)

学歴

  • 平成22年3月明治大学法学部法律学科卒業
  • 令和4年3月慶應義塾大学大学院法務研究科修了
  • 職歴

  • 令和5年12月最高裁判所司法研修所修了
  • 令和6年1月南青山M’s法律会計事務所入所
 

弁護士 尾﨑良(東京弁護士会所属)

尾崎弁護士

重点取扱案件

  • 渉外(中国)、起業、節税、税務調査対応など
  • 我能用汉语为您服务。
  • Я немного могу говорить по-русски.
  • 理念

    • 多動・迅速・安心・感動
    • 我不是能讲汉语的日本人,而是能讲日语的中国人
    • Вот ваш адвокат и ваш друг в Японии.
    • 学歴

      • 平成8年(1996)中華人民共和国遼寧省大連市 生
      • 平成27年(2015)新潟県立新潟高校 卒業
      • 令和元年(2019)早稲田大学法学部 卒業
      • 令和3年(2021)早稲田大学大学院法務研究科 修了
      • 令和4年(2022)放送大学教養学部 入学(現在在学中)
      • 職歴

      • 令和5年(2023)最高裁判所司法研修所 修了
        (配属先:広島地方裁判所)
      • 令和6年(2024)弁護士登録
      • 令和6年(2024)南青山M’s法律会計事務所 入所

      資格

        華人
        通知税理士(仙台国税局、東京国税局、大阪国税局、広島国税局に通知済)
        海事代理人(登録予定)
        入国・在留手続申請代理人(在留資格認定証明書の交付申請、資格外活動許可の申請ができます。※法律上できない場合もあります。)
        広島公立大学法人叡啓大学 キャリアメンター
        公益社団法人調布青年会議所会員
        日商簿記3級(2級に挑戦中)
        ロシア語検定4級
 

協力法律事務所

大沼洋一法律事務所 弁護士 大沼洋一(仙台弁護士会所属)

大沼弁護士

学歴

  • 早稲田大学法学部卒業

職歴

  • 東京地方検察庁検事
  • 釧路地方検察庁検事
  • 東京法務局訟務部付検事
  • 法務省訟務局付検事
  • 札幌法務局訟務部付検事
  • 大阪地方裁判所判事
  • 盛岡地方・家庭裁判所判事
  • 仙台高等裁判所判事
  • 仙台法務局訟務部長
  • 東京家庭裁判所判事
  • 仙台家庭裁判所上席判事

その他

  • ・駿河台大学法科大学院教授
  • ・税務大学校講師
  • ・駿河台大学法学部教授(平成26年~)
  • ・飯能市情報公開審査会委員(平成25年~)
  • ・法務省政策評価懇談会委員(平成26年~)
  • ・飯能市情報公開・個人情報運営協議会委員
                 (平成27年~)
  • ・飯能市不服申立審査会委員(平成27年~)
  • ・入間市行政改革推進委員会委員(平成27年~)

著書・論文等

  • ・「権利確定主義」青林書院「租税争訟」
  • ・「労災保険法施行前の業務による疾病と労災保険の適用」平成元年行政関係判例解説(ぎょうせい)
  • ・「パトカー等に追跡された逃走車が惹起した事故と国家賠償責任」判例タイムズ654号
  • ・「場外車券発売施設設置許可処分の取消訴訟と周辺住民及び施設の設置者の原告適格-原告適格に関する最高裁理論の整理と若干の検討」(判例評論第602号)
  • ・違法性の承継をめぐる最近の動向と若干の検討
     平成25年2月駿河台法学(通巻第50号)155頁
  • ・違法性の承継について
     平成25年7月 判例時報2185号3頁
  • ・「遺留分をめぐる紛争事例解説集」(新日本法規)共著 他