『裁判所から自分宛に郵便物が届きましたが、無視しておいても大丈夫でしょうか?』Q&A - 南青山M's法律会計事務所
事務所について お知らせ

南青山M's法律会計事務所

裁判所から自分宛に郵便物が届きましたが、無視しておいても大丈夫でしょうか?

A:内容にもよりますが、無視することは大変危険です。たとえば、その郵便物が裁判期日の呼び出し状等であった場合、裁判期日へ欠席した当事者には法律上一定の不利益が課されることとなっており、最悪の場合には敗訴判決等が確定し、財産に対して強制執行が行われてしまうこともあります。

裁判所からの郵便物が届いた場合、無視をせず、郵便物の中身に目を通し、弁護士に相談されるのが無難です。

裁判所から来る手紙は、特別送達と言った形式で、わざわざ郵便局員が交付する形をとります。裁判所から来た手紙は、まず開封し何が入っているか確認してください。支払督促や訴状などが入っている場合がほとんどです。また、期日呼出状が入っており、その日に出頭できない場合は、何も連絡しないで欠席すると、敗訴判決が確定してしまいますので、答弁書を出して、欠席する旨を記載することが必要です。支払督促状や訴状は法律上の主張立証が記載された書面ですので、早めに弁護士に相談してください。

Q&A その他のカテゴリ